MENU

肌サビ

肌に大きなダメージを与える紫外線ですが、もう一つ困った事をしてくれるのです。

 

にきびやしみなど、肌に悪い細菌を増やしたり、さまざまなダメージを引き起こすギャングのように言われている、活性化酸素を引き起こしてしまうのです。

 

活性化酸素自体は、けっして悪だまではないのです。それどころか体内に入り込んだ細菌やウイルスを殺菌し免疫力を高めてくれる、実に頼もしい存在なのですが、増えすぎてしまうと肌には芳しくない結果を生んでしまいます。

 

活性化酸素を抑制したり、除去したりしてくれる物質も体内に存在はしているのですが、彼をもってしても排除仕切れないほどの大量の活性化酸素が蓄積されると、しみを含めて肌に深刻なトラブルを引き起こしてしまいます。その状態を肌さびと呼んでいます。

 

この活性化酸素は、しみやくしみなどの老化現象を促進させる原因と言われています。

 

もとは、私たちが普段なんとなく吸っている酸素です。それが吸い込まれ、体内に取り込まれたとたんに一部活性化酸素に様変わりしてしまいます。

 

活性化酸素は強い酸化力を持っていて、ほかの細胞に寄生してその細胞を酸化させ、遺伝子レベルまで完全に破壊していきます。

 

特に肌細胞で発生した活性化酸素は、メラニンの分泌を促し、コラーゲンを減少させ、古い角質を蓄積させたり、しみや肌荒れを引き起こしたりなど、さまざまな肌トラブルに関与しています。

 

シミのもとであるメラニンが肌で増えていく原因を作っている真犯人は紛れもないこの活性化酸素です。

 

最近何かとお騒がせしている活性化酸素ですが、そのメカニズムが明らかになっていくにしたがい、活性化酸素が好む環境と言うものが実はある事がわかってきたのです。

 

逆に言えば、気持ち一つで、活性化酸素の発生を未然に防ぐ事が可能と言う事になります。

 

喫煙・・・タバコの煙自身が活性化酸素を多く含んでいます。活性化酸素の本来の機能は、体内に入り込んだ細菌やウイルスを殺菌し免疫力を高める事ですから、タールなどの異質な成分が体内に取り込まれれば、活性化酸素は当然猛攻撃を加えようとして大量発生します。

 

ストレス

強いストレスを体が感じたときに体内にホルモンが分泌されます。ストレスが解消されるか、気持ちが落ち着つくかすれば、そのホルモンは分解されて元の状態に戻りますが、その過程でも活性化酸素は発生するようです。

 

紫外線

これは説明がいらないかもしれませんね。紫外線で肌が刺激を受けると、乾燥、細菌発生といった行程を経て、活性化酸素は発生します。

 

食品添加物

これらが体内に取り込まれると、肝臓で解毒作業が行われます。この際に活性化酸素が発生します。

 

その他

過度のアルコール飲酒、過激な運動など

 

要は不摂生な生活習慣、アンバランスな食生活が活性化酸素の発生を招いているということです。

 

活性化酸素は、とかく悪いイメージで受けとられがちですが、実は私たちの体を悪いものから守ってくれているとはいえないでしょうか?

 

もしも、活性化酸素がこの世になかったら、はたして私たちはここまで無事にいられたかどうか・・・・・・。

 

ぜひ、やみくもに活性化酸素を目の敵にする前に、もういちど普段の生活を見直してみませんか?

 

それこそが究極のしみ対策となるのです。